よみもの

2022/09/01
仮想水(バーチャルウォーター)って何?
日本は水を大量に輸入しています。

と聞くと、意外だと感じるでしょう。

実はこれは

仮想水(バーチャルウォーター)
のことなのです。



日本はお米以外の穀物の
ほとんどを輸入しています。

小麦1圓鰺入すると、
水2,000リットルを輸入したことになる、
というのが仮想水の考え方です。

小麦を1垪遒襪砲
約2,000リットルの水が必要だからです。




食パン1枚分では
仮想水は約96リットルです。




小麦はほとんど輸入なので
食パン1枚で
96リットルの水(仮想水)
を輸入したことになります。



仮想水一覧
ご飯 1杯 278リットル
パン 1枚 96リットル
うどん 1食 160リットル
インスタントラーメン 1杯 120リットル
スパゲティ 1食 200リットル

※環境省ホームページより



日本人1人1日あたりの
生活用水は約300リットルです。
とても多く感じますね。




しかしなんと仮想水の考え方でいくと
1日の食事で2,500リットルもの水を
消費しているのです!!

日本の食料自給率は約38%。
そのうち多くを占めているのは
お米です。

ただでさえ水(仮想水)を
大量に輸入している日本。
お米を食べずに小麦を食べている…。

ハンバーガー1個に
1,000リットルの水が必要と言われます。




外国では約7億人の人が
水不足で苦しんでおり、
毎日数千人が飲み水の問題で亡くなっています。




「国産のものを食べる」ということは
深い意味があることなのです。


"商品詳細へ"

"商品詳細へ"